501

皆さんこんばんは、柳村です。

ちょっと一息つけたので、501導入してみました。
プレビューレンダーとレンダラーが速くなっているのと、
RayGLと言って、どのビューポートもプレビューしながらモデリングできるというのは
ありがたい機能です。
特にプレビューレンダーは爆速になっています。

バンプは仕様が変わっているので、401以下からの引継ぎデータでは調整が必要ですね。
そのままでは、キツめにバンプがかかります。

その他、細かいところでのテコ入れがてんこ盛りで、
決して派手なバージョンアップではありませんが
利便性が大幅に向上しています。

以下はレンダリング比較です。(Phenom II x6 1090T 3.20GHz) 64bit

modo 401 5m 20,3S










modo501 4m 29.3S











ご覧のようにフロントバンパーのバンプ処理が
501ではきつくなっています。

ただいまキャンペーン中で1万円お安くアップデートできるので、
お得です。

コメント

このブログの人気の投稿

ノーマルマップ(法線マップ)について

輝度と放射輝度

第6回 勉強会内容