2017年2月2日木曜日

仮想交点

こんばんは。
柳村です。

もうひとつ便利なスクリプトを書きましたで、
紹介させていただきます。

建築のモデリングをしていると、
2本のエッジの延長線上の交点を知りたいことが、よくあります。
MODOは少し前からポリゴンやエッジの交点にスナップできるようになりましたし、
隠し機能?的に2本のエッジを選択して、交差のスナップオプションが有効になっていると、エッジの延長線上にあるであろう交点、いわゆる「仮想交点」がスナップ対象としてハイライト表示されます。
(何かツールなどを起動している場合のみ。)

ですが、仮想交点をこの辺だろうと探らないとハイライトされないので、
遠い仮想交点の場合はなかなか難しいです。

そこで、仮想交点に頂点を作成するスクリプトを書きました。
アクティブな二次元ビュー(上面や正面)から見て、
横をX軸・縦をY軸として仮想交点を求めますので、
3次元の仮想交点は求まりません。

使い方は、エッジを2本選択してスクリプトを実行すると、
画像の様に仮想交点にポイントが作成されます。
また、仮想交点はそれぞれのビューから見て、
奥行が”0”の位置に作成されます。


↓スクリプトファイル
Create_Point_by_2Edge.py

0 件のコメント:

コメントを投稿