2012年4月29日日曜日

窓サッシの自動配置 パラメトリック変形風

こんにちは、柳村です。

modoで建築モデリングをされているみなさまへ。

窓サッシの位置合わせやリサイズ。メンドクサイですよね。
そんなアナタのお悩みが、少し解決するかもしれません。
窓サッシの自動配置・自動リサイズのスクリプトです!

以前にも自動配置のスクリプトは公開しておりましたが、
自動リサイズの機能はありませんでした。
そして、ルーバー窓にも対応しました。

使い方は簡単!

1.建物の窓の開口部、下端のエッジを1本選択。
2.プリセットから、配置したい窓サッシを選択状態に。
3.スクリプトの実行。

これだけで、自動配置・リサイズが行われます。

まずは、動画をご覧ください。



あめいじんぐ!

このスクリプトは、プリセットからの自動配置となっています。
プリセットへの登録方法にルールがいくつかありますので、
以下に解説いたします。

○窓サッシの寸法は、外壁の開口部にはまる部分が1m四方になるように、リサイズしてください。
また、下の画像のようにZ平面にペタッと寝かせた状態で、
Z軸+方向がサッシの上になるように配置します。
このとき、Y軸のプラス方向にはみ出している部分がチリになります。



○次に、”頂点”に対して選択セットを適用しておきます。
窓サッシの四方それぞれに対して選択セットを適用するのですが、
このときの選択セットの名前が重要ですので、間違えないようにしてください。

選択セットの名前は、アルファベットで、

・下端 Sash_B
・左端 Sash_L
・右端 Sash_R
・上端 Sash_T

となっています。


ここまで設定できましたら、プリセットに登録してください。

○次に、ルーバー窓の登録方法です。
 ルーバー窓も設定方法は先ほどと同じですが、
さらに追加する要素があります。

また、ルーバーは一番下の1段目だけ配置するようにしてください。

そして先ほどの4つの選択セットに追加して、

Louver

という選択セットをルーバー1段目の頂点にのみ設定してください。


○次に、メッシュアイテムにユーザーチャンネルを3つ追加します。

追加するユーザーチャンネルの名前とタイプ。

名前    タイプ

start    Distance (距離)
end     Distance (距離)
louver    Distance (距離)

チャンネルの名前も重要ですので、間違えないようにしてください。

チャンネルを追加したら、値を設定しておきます。

"start"には開口部下端からのルーバー中心点までの距離。
"end"には開口部上端からのルーバー中心点までの距離。
"louver"には、ルーバーの高さ。

"start" と "end" の簡単な求め方を以下のビデオで解説します。
(戸袋に応用した例です。)



※窓サッシのプリセットファイルも同梱していますので、参考にしてみてください。
ここまでで、設定は完了です。

スクリプトの実行方法は、

1.開口部の下端のエッジを選択。
2.プリセットパネルで、配置したい窓サッシを選択状態にしておく。
3.スクリプトを実行。

普通の窓サッシの場合は  @Set_Window_P.pl とそのまま。

ルーバー窓の場合は      @Set_Window_P.pl louver と引数を付け足します。

はじめの動画のように、これらのコマンドをボタンに割り当てておくと便利です。

↓スクリプトファイルと、サンプルプリセット
Set_Window_P.zip

Enjoy!

5 件のコメント:

  1. すばらしー!
    いつもとてもためになるテクニックや、
    楽ちんになるテクニックを教えてくださり
    感謝です。
    ありがとうございます。
    ながい

    返信削除
  2. 素晴しいです!!!いただきます。

    返信削除
  3. すごいです!
    活用させて頂きます!!!

    返信削除
  4. ご高評、ありがとうございます。

    いつも自動合わせのスクリプトを考えていたのですが、
    今回の案件で建物の量が多かったので、先にスクリプトを書いてから、
    着工しました(笑

    返信削除
  5. いただきました。
    なぜかファイル名が文字化けしてDLできなかったんですが
    なんとかできました。あとでゆっくり試してみます。
    ありがとうございました。

    返信削除