2013年12月16日月曜日

第17回MODO user group OSAKA勉強会

こんにちは、豊島です。
寒さが日に日に厳しくなる今日この頃、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は第17回MODO勉強会のお知らせをしたいと思います。
講師はお馴染み日比さんと柳村さんのお二人です。

日比さんからは、
最近はMODOに対応したソフトウェアも増えてきましたので、
HDR  Light Studio、Substance、Maxwell Renderなどのプラグインと
MODOのKitなどもご紹介していただく予定です。

柳村さんからは、
チャンネルの連携プレーなどを題材にスケマティックビューの
基礎知識をわかりやすく解説していただく予定になっています。

2014年初めのMODO勉強会です。
皆様奮って御参加くださいませ。

2014年 1/25(土曜日) 13:30~17:00

会場: 大阪市男女共同参画センター 中央館 研修室(2)
(通称:クレオ大阪中央)
     大阪市天王寺区上汐(うえしお)5-6-25  Tel 06-6770-7200
         http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/index.html

入場500円
参加希望の方は勉強会・懇親会の参加(またはいずれかの参加)を明記していただき、日比さん宛にメールをお願いします。hibi@me.com

2013年12月1日日曜日

コリジョン判定でアイテム切り替え!

こんばんは、柳村です。
 
パーティクルとリプリケータを使用して、
ポリゴンに衝突したらアイテムが切り替わるサンプルです。
 
 

 
 
パーティクルオペレータに「アイテム」を追加すると、
リプリケータのプロトタイプにグループを設定しているときに、
グループ内の、どのアイテムを使用するかをIDで指定できるようになります。
 
グループ内のアイテムのIDは1.0を最大にして、
グループ内のアイテム数で割った値を使用しているようです。
グループ内の上位から下位にむかって0→1のようです。
 
この例では3個のアイテムをグループにまとめていますので、
 
Ball → 0 < 0.33
Doughnut → 0.33 < 0 .66
Cone→0.66 < 1.0
 
といった具合ですね。
 
そして、パーティクルオペレータにユーザーチャンネルも追加します。
「アイテム総数」が追加したユーザーチャンネルです。
「アイテム総数」はグループ化したアイテムの数の「3」に設定します。
 
1÷「アイテム総数」で1つあたりのIDを割り出して、
パーティクルオペレータの「衝突カウント」で何回目の衝突かを読み取り、
掛け算した値を「アイテム」に代入すると、衝突するたびにIDが繰り上がり、
レプリカが思い通りに変わってくれるという寸法です!
 
↓サンプルシーン